スポンサーサイト

Posted by サードプレイス on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《チューニング前の車両点検》

Posted by サードプレイス on 27.2013
Category : Tuners Nation
《チューニング前の車両点検》

644726_491128720948195_493421311_n.jpg


バイクをダイノマシンに乗せる前にオイルレベルやタイヤの状態の他、機関の状態などをチェックしますが、この点検中に発覚した問題点を解決した上でチューニングに臨みます。

実際あったケースではダイノチューニング前の点検でオイル下がりが発覚。
この問題に気付かずにチューニングするとオイルの混じった混合気と、燃焼室内にたまったオイル・カーボンデポジットが過熱してスパークノックが発生する原因となり、いくらコンピュータをイジってもセッティングの出ない状況に陥りかねません。
スパークプラグのねじ山部分がオイルで濡れていることと、電極部にオイルデポジットが蓄積しているのがインテークバルブガイドからのオイル下がりの典型的な症状です。
バルブステムが6mmになった2004-2005XL系と2005年ビッグツインでは旧タイプの黒いバルブステムシール(写真右上)で、この黒シールは高い確立でオイル下がりを起こしています。
H-Dの定期点検の間隔が4,000キロから8,000キロに変更されたのも2004年からで、バイクのオーナーさんがオイル下がりに気付かずに乗っていて、次回の点検時までにオイルタンクがほとんど空なってしまっているケースもありました。
2006年以降の6mmステムのバルブガイドシールはオレンジ色シール(写真右下の)にアップデートされ、オイル下がりの問題は激減しました。
バルブガイドシール交換には腰上分解&カーボンデポジット除去が必要となるので、作業に掛かるコストを考慮すればビッグボアキットによる排気量増加やシリンダーヘッドのアップグレードを合わせて行うこともお勧めです。

ダイノマシンを使用したチューニング及びエンジンアップグレードのご相談はチューナーズ・ネイション加盟店までのお問い合わせ下さい。


by HIRO KOISO


サードプレイス チューニング専用ブログのTUNERS NATIONカテゴリの中に入れている
これらの内容は
全てKOISO HIROさんが書かれたものです
本物はFACEBOOKの中にありますが・・・・
まだまだFACEBOOKに登録されていない方も多くログインしないと読めないということもあり
こちらにコピーさせていただいてます(小磯氏了解済)
出来ましたらFACEBOOKに登録していただきTUNERS NATIONに「イイネ」して頂けると嬉しいです
スポンサーサイト

Comment

ノーマルのコンディションが良くて初めて性能評価ができますよね^^
2013.02.27 22:34 | URL | ハーレーダビッドソンは壊れません #DDJALrL2 [edit]
>ハーレーダビッドソンは壊れませんさん

ときどきブログ読ませていただいています
書き込みありがとうございます。

チューニングの途中に不具合が見つかったりすることも多いです

それを良かったと思うべきか・・・
悪かったと思うか・・・・
(お金がかかることですから)


まだまだインジェクションチューニングの認識が間違っていたり
よくわからない・・・と言われる方が多いのでもっと多くの方に
正しいチューニングを知ってもらいたいと頑張ってます。

良かったらうちのブログ宣伝してください♪
よろしくお願いします(笑)

サードプレイス広報担当 ななより


2013.02.28 16:44 | URL | サードプレイス nana #- [edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://thirdplace1.blog.fc2.com/tb.php/1928-2b5985ab

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

サードプレイス

Author:サードプレイス
FC2ブログへようこそ!

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
3634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
350位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。